世界基準のヒプノセラピーを学ぶなら、東京 大阪のクリアライト

CLEAR LIGHT Hypnotherapy
お気軽にお問い合わせください
電話番号:03-630-32671
クリアライト・ヒプノセラピースクール
マスタートレーナーが教える、本場のヒプノセラピー 学ぶなら、絶対に世界基準 マスタートレーナーが教える、本場のヒプノセラピー 学ぶなら、絶対に世界基準

ABH米国催眠療法協会認定トレーナートレーニング

ヒプノセラピー先進国、アメリカを代表するヒプノセラピスト団体
ABH(American Board of Hypnotherapist)米国催眠療法協会の
公式トレーナーになるための、5日間の集中トレーニング

ABHの公式認定トレーナーとして活躍するために

ABHトレーナー認定証

ABH公式認定スクール証明書


1982年設立、ヒプノセラピー先進国、アメリカ合衆国を代表するヒプノセラピスト団体、
ABH:米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)のトレーナーとなり、
ヒプノセラピーの先生として活躍してみませんか。

この5日間の集中トレーニングの目的は、あなたのヒプノセラピーの知識とスキルを、
トップレベルに高めること。
そして、あなたを世界レベルの正統なヒプノセラピーをしっかり伝えていける
ABHの公式トレーナーに育成することです。

トレーニング内容の詳細

第1日目
  • 催眠理論の理解、影響側と原因側の理解、解決志向アプローチの理解
  • クラズナーメソッドの理解と実践(臨床面談、催眠神話を解く、被暗示性テスト、催眠誘導、確信体験、暗示の与え方、解催眠)
  • クラズナーメソッドの教え方の理解
第2日目
  • エリクソン催眠の理解と実践、許容的催眠アプローチとは。利用的アプローチ(ユーティライゼーション)の理解とそのテクニック、自明の理を利用した催眠誘導、瞼の動きを利用した催眠誘導、腕の浮遊を利用した催眠誘導、メタファーの理解、組み込み暗示の理解、ネステッドループの作り方とその理解。
  • エリクソン催眠の教え方とそのポイント
第3日目
  • 伝統的権威的催眠の理解。ジョージ・エスタブルックの催眠理論と実践
  • 後催眠暗示の理解と使い方。
  • ダブルインダクションによる暗示の与え方。
  • 催眠暗示と催眠術
  • 味覚支配、痛覚のコントロール法、フルボディーカタレプシの作り方。
第4日目
  • デーブ・エルマン催眠の理解。
  • 意識と無意識に起こる逆説の理解
  • ソムナンバリズムに至る段階の理解。
  • エルマン催眠の面談法。
  • エルマン誘導ショートバージョン
  • エルマン催眠の教え方。
第5日目
  • プレゼンテーション・テスト
  • スクール運営についての説明
  • 各トレーニングとカリキュラムについての説明

この5日間であなたに身に付く知識とテクニックは。

  1. 2レベル高いロジカル・レベルでの理解

    人に何かを教える場合、生徒よりも2レベル高いロジカル・レベル(理論的なレベル)でそのトピックを理解していなければなりません。プロコースで学ぶレベルの催眠理論を更に深め、人に教えるにふさわしいレベルまでヒプノセラピーの知識とテクニックを深めます。

  2. クラズナー博士の催眠理論とそのテクニック

    ABHの創設者、A・M・クラズナー博士のメソッドが身に付きます。クラズナー博士のメソッドの特徴は、面談からセッションを終えるまでのプロセスを通して、如何にしてクライアントの抵抗を取り除き、深いラポールを築きながら暗示を無意識にインストールしていくかです。このメソッドを深いレベルで理解することで、あなたは人に基本的な催眠理論を効果的に教えることができるようになるだけでなく、プロのヒプノセラピストとしてのセッションの進め方にさらに磨きをかけることができるようになります。

  3. エリクソン催眠の理解とそのテクニック

    20世紀を代表する催眠家、ミルトン・エリクソンの許容的催眠アプローチの理論とテクニックが身に付きます。エリクソン催眠とその他の催眠がどう違うのか?許容的なアプローチとその他のアプローチがどう違うのか?利用的アプローチ(ユーティライゼーション)の理解とそのテクニックの使用法、自明の理を利用した催眠誘導法、まぶたの動きを利用した催眠誘導法、腕の浮遊を利用した催眠誘導法、メタファーを使った催眠誘導法、組み込み暗示の使い方、ネステッドループの作り方といったエリクソン催眠を代表するテクニックを学ぶことで、あなたの催眠スキルはエキスパートレベルに高まります。

  4. ジョージ・エスタブルック催眠とそのテクニック

    コルゲート大学で教鞭をとり、アメリカの軍事関係者に対して催眠を使用したメンタルトレーニングを施した、ジョージ・エスタブルックの権威的催眠誘導法が身に付きます。現代催眠と言えばエリクソン催眠がよく取り上げられますが、許容的催眠では上手くいかないクライアントもたくさん存在しており、熟練した催眠家たちは権威的な催眠を上手く取り入れています。権威的催眠誘導法の理解、ダイレクト暗示の与え方、後催眠暗示の与え方、味覚や体感覚の支配法、ボディーカタレプシの作り方、ダブルインダクション法、そして、正の幻覚、負の幻覚といった催眠術を行うスキルも同時に身に付けます。これらの知識とスキルはヒプノセラピストとしてクライアントをトランスに誘導する際にも最大限に活用することでができ、あなたの催眠知識とスキルはエキスパートレベルに高まります。

  5. デーブ・エルマン催眠の理解とそのテクニック

    現代催眠家といえばエリクソンがよく取り上げられますが、デーブ・エルマンは現代催眠にもっとも影響を及ぼした重要な人物だと言えるでしょう。。エルマン催眠は許容的でもあり権威的でもあり、意識と無意識の逆説を利用したものであり、現代のヒプノセラピストが使用する催眠誘導テクニック、ソムナンバリズム(無遊)状態への短時間での誘導、催眠麻酔法、催眠出産、年齢退行のほとんどのテクニックはデーブ・エルマンが紹介したものです。許容的アプローチ、権威的アプローチと併せ、デーブ・エルマン催眠とその理論とテクニックを学ぶことで、あなたの催眠知識とテクニックはエキスパートレベルに高まります。

  6. プレゼンテーションを行うスキル

    クラズナーメソッド、エリクソン催眠、エルタブルック催眠、デーブ・エルマン催眠を学ぶことであなたの催眠理論とスキルはエキスパートレベルにまで高まり、クライアントに対してセッションを行うスキルも最高のレベルまで高まりますが、たくさんの人の前で行うプレゼンテーションにおいてもこれらのスキルを有効に使うことができます。このトレーニングを通して、学んだ催眠スキルを使った効果的なプレゼンテーション力が身に付きます。

トレーナー昇格後に発行できるABHの2種類の資格とは?

このトレーニングを修了することで、あなたはABHの公認トレーナーとして認定され、
レベルに応じた 2種類の資格を発行することができるようになります。

レベル1ヒプノセラピスト資格

対象者:初心者
トレーニング時間の目安:45時間(日数にして、2~3日)

レベル:ヒプノセラピーを初めて学ぶ初心者が対象のトレーニング。

レベル2マスター・ヒプノティスト資格

対象者:中~上級レベル
トレーニング時間の目安:90時間(日数にして、7日~10日)

レベル:プロのヒプノセラピストを目指す方が対象のトレーニング。

ABH 米国催眠療法協会とは

ABH米国催眠療法協会は、
1982年クラズナー博士によって創設された、
ヒプノセラピー先進国、アメリカを代表する
ヒプノセラピーのプロフェッショナル団体です。

正式名称は、Ameerican Board of Hypnotherapy

1982年にA・M・クラズナー博士によって、The California board of Hypnotherapy
として設立されました。
その後、会員が全米に広がったために、
The American Board of Hypnothrapy(米国催眠療法協会)に改称。

今では世界中に会員が広がり、1000以上の催眠教育団体がメンバーになっています。
現在の会長は、タッド・ジェームズ博士(Tad James, Ph,D)
本部はネバダ州にあり、姉妹機関として、ABNLP(全米NLP協会)と、
タイムラインセラピー協会があります。

創立者 A・M・クラズナー博士

ABH 米国催眠療法協会の創設者
A・クラズナー博士(1928~2014年)

ヒプノセラピーの第一人者として長く臨床の場で活躍した後、1982年に米国催眠療法学院を設立。多くのヒプノセラピストを世に送り出した。そのメソッドは全米におけるヒプノセラピーの基盤となっている。"博士が著した″Wizard Within″(邦訳:あなたにもできる催眠療法)は世界的なベストセラーとなっており、催眠療法に関する書籍として、最も信頼できるものとして評価されている。


Wizard Within A・M・クラズナーhttp://www.amazon.com/

あなたにもできるヒプノセラピーhttp://www.amazon.co,jp


現会長 タッド・ジェームス博士

ABH 米国催眠療法協会の現会長
タッド・ジェームス博士

世界で2番目のNLPマスタートレーナーに認定されたたけでなく、タイムライン・セラピーTMの開発者として、人の潜在能力を高めてきた。
魅力的でカリスマ性を持ち備えた彼のトレーニングは世界中で大きな評価を得ている。

全米NLP協会(ABNLP)とタイムライン・セラピー協会は共に、ABHの姉妹施設。
タッド・ジェームズ・カンパニー

 

本場で学んだトレーナーによる本物のトレーニング

2011年まで、このトレーニングを受けるハードルはとても高いものでした。その理由の一つとして、このトレーニングは海外でしか開催されていなかったこと。そして、参加できても、英語力が必要であったこと、などがありました。

しかし、クリアライトの今本が、ABH米国催眠療法協会の現会長、タッド・ジェームス博士からの選出により、マスタートレーナーに昇格。

本場で行われているABHトレーナートレーニングと同じ内容のトレーニングを、日本に居ながら、日本語で開催することができるようになりました。

本場レベルの本物の知識とテクニックを身につけて、これからの日本のヒプノセラピーの業界を引っ張っていける、トレーナーを目指すことができます。

今本トレーナー紹介

このトレーニングへの参加条件

ABHのマスター・ヒプノティスト資格の保持者(上級レベル:90時間以上)、又は、NGH:米国催眠士協会のヒプノセラピスト資格の保持者(上級レベル:100時間以上)

他の団体の上級レベルの資格保持者(90時間以上のレベル)で、このトレーニングへの参加をご希望される場合は、こちらより、ご相談くださいませ。これまでの経歴を聞かせていただき参加の有無を判断させていただきます。

トレーニング費用

受講費:378,000円(税別)
その他の費用:ABHへのトレーナー登録費用と初年度年会費$345(約3万5千円)
(2年目以降の年会費は、135ドル)

お支払いは、銀行振り込み、又は、クレジットカード払い(VISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナース)のいずれかをご選択いただけます。

※銀行振込の場合、お申し込み日より5日以内にお振込みください。
※クレジットカード払いの場合は、頂いたメールアドレスに決済用のURLをお送りします。
※カード分割払に関するご相談は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

トレーニング日程

.2018年度の開催日程

 

スケジュール1:(東京)
2018年9月4日(火)、5日(水)、11日(火)、12日(水)、13日(木)の5日間
全日共に、10時から18時(途中70分のお昼休憩)
開催場所:東京都渋谷区、クリアライトトレーニングルーム

スケジュール2:(大阪)
2018年12月7日(金)、8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)の5日間
全日共に、10時から18時(途中70分のお昼休憩)
開催場所:大阪市四ツ橋近商ビル7階、クリアライトトレーニングルーム

 

よくある質問

ABHのトレーナーとしての年会費は?

トレーナーとしての初年度年会費は、$345(約3万円)ですが、その次の年から年会費は、$135となります。それ以外にかかる費用は一切ございません。

ABHやNGH以外の資格をもってヒプノセラピストとして活躍していますが、このトレーニングを受けることは可能ですか?

ABH米国催眠療法協会の場合は90時間以上のトレーニングを受けた方に与えられる”ABHマスターヒプノティスト資格”を取得していること、NGH米国催眠士協会の場合は、100時間のトレーニングに対して与えられる、”ヒプノセラピスト資格”を取得していることが受講条件です。その他の団体の資格を持っている方でこのトレーニング受講を考えておられる方は、こちらより、お問合せください。

トレーナーになった後に資格トレーニングを開催する際、教えるカリキュラムは決められているのですか?

現在、米国とオーストラリアで行われている模範となるカリキュラムはありますが、必ずしもそれに従う必要はありません。教える内容はトレーナーに一任されておりますが、基本的な催眠理論とテクニックは必ず教えなければなりません。そこを踏まえて上で、独自のカリキュラムにアレンジしてそれぞれのレベルの講座を開くことができます。

トレーナーとしてトレーニングを行う際のマニュアルは何を使えばよいですか?

トレーナー昇格後はご自身でマニュアルを作成して使用することもできますが、ABH米国催眠療法協会が海外のトレーニングで使用している公式マニュアルを完全日本語化したものがあり、このマニュアルの使用権を購入することができます。購入したマニュアルはすべてワード形式になっておりますので、自由にアレンジして、自分の物として使用することができます。公式マニュアルの販売価格は、995ドルです。

その他、トレーナートレーニングに関するご質問は、どんなことでも お問い合わせくださいませ。

24時間以内に返信させていただきます。

お問い合わせ 事前説明を受けてみる