世界基準のヒプノセラピーを学ぶなら、東京 大阪のクリアライト

CLEAR LIGHT Hypnotherapy
お気軽にお問い合わせください
電話番号:03-630-32671
クリアライト・ヒプノセラピースクール
マスタートレーナーが教える、本場のヒプノセラピー 学ぶなら、絶対に世界基準 マスタートレーナーが教える、本場のヒプノセラピー 学ぶなら、絶対に世界基準

クリアライト・ヒプノセラピースクールの理念と倫理基準

日本国内に健全なヒプノセラピーを広めるために、クリアライト・ヒプノセラピースクールは以下のような理念を掲げています。

プロフェッショナルなヒプノセラピストの育成

プロフェッショナルなヒプノセラピストとは、
援助を求めているクライアントに対して、
求める結果を出すことができ、且つ、主体性を発揮させ
正しい方向へ導けるヒプノセラピストと定義しています。

結果が出せるヒプノセラピストに育成するために、
特にクリアライトがトレーニングしているポイントは以下の5点になります。

  1. セッションを行う前の事前面談を通してクライアントの悩みを正確に聞き取る能力。
  2. 正しい方向性と、満足のいくゴールを設定できる能力。
  3. どのようなクライアントに対してもラポールを築く能力。
  4. 豊富な催眠誘導テクニックでクライアントをトランスに誘導する能力
  5. プロフェッショナルとしての在り方の理解。

これらの項目に加えて、
クリアライトが特に強調しているのは、
ベースとなる人間愛、そして、「すべてのクライアントには
問題を解決するリソースがある」という前提と、「柔軟性のないクライアントは存在しない、
柔軟性のないセラピストが存在するだけだ」という前提です。

これらを深く理解した上で、
主体性の持てるポジションにクライアントを導くことができ
且つ、ヒプノセラピーをプロフェッショナルな職業として確立できる
ヒプノセラピストの育成を目指しています。

プロフェッショナルなトレーナーの育成

プロフェッショナルなトレーナーとは、
独立開業して、プロのヒプノセラピストを目指している受講生に対して、
正しい方向性と理論、そして、スキルを正確に伝えることができ、
且つ、豊富なパーソナル・セッションとトレーニング経験を積む努力を怠らず、
ヒプノセラピーを一つの職業として確立できる
トレーナーのことを言います。

世界で活躍しているトレーナーと同等レベルのトレーナーを育成するために、
特にクリアライトが強調しているポイントは以下の5点になります。

  1. 催眠と潜在意識の関係性を正しく把握しているか。
  2. こころの正しい方向性と主体性を理解しているか。
  3. 古典催眠、許容的催眠、権威的催眠、エルマン催眠という、
    伝統的な催眠を理論立てて理解しているか。
  4. 豊富なセッション経験を持つための努力をしているか。
  5. 積極的にトレーニングを開催するための努力をしているか。

これらの項目に対して援助してゆくことで、
日本国内のヒプノセラピーのレベル向上に貢献できるよう
努力しております。

ヒプノセラピー先進国、アメリカと同等レベルのトレーニングの提供

プロフェッショナルなヒプノセラピストとして、
やさしいこころを持ち、
人を癒してあげたいと思う気持ちは何よりも大切ですが、
プロのヒプノセラピストとして機能するためには、
ヒプノセ ラピーに関する深い知識とテクニックを持ち合わせていなければなりません。

現在の日本において、ヒプノセラピーというものが
一般の人たちにも知れ渡るようになり
大きな関心を集めていますが、私自身、国内外のたくさんトレーニングに参加してきた者として
率直な意見を言わせていただくと、
ヒプノセラピーに関する、本場アメリカと日本のレベルには、
大きなレベルの差が生じております。

よって、クリアライトのスクール受講生には、しっかりした正統な知識とスキル、そして、
正しい倫理観と方向性を身に付けていただけるようなトレーニングの提供をこころがけています。

同時に、クリアライトは、ヒプノセラピーを学びたいと思っている、
情報弱者の皆様が確かな選択をしていただけるよう、
ホームページ、フェースブックページ、ブログ、メルマガ、
そして、公開動画などを通して、
ヒプノセラピーに関する出来る限りの情報を、できるだけオープンに開示するように努力しております。

また、 限られたトレーニング期間内に、
できるだけ多くの経験値を積んで卒業していただけるよう
最新のカリキュラムをご提供できるよう最善を尽くしています。

アフターサポート体制の充実

プロのヒプノセラピストとして、しっかりした知識とテクニックを身につけて
効果的な施術をおこなうためには、
トレーニング終了後も、経験を積み、学び続ける姿勢が大切です。

クリアライト・ヒプノセラピースクールは、
卒業生が更に向上できる環境を提供するために、
コース終了後のアフターサポートに力を入れています。

具体的には、2ヵ月に一度の勉強会、無料再受講制度、卒業生のフォーラムの設定、
格安でレンタルできるセッションルームのご提供、
お電話、Eメールからの質問を卒業後無期限にて受け付けており、
卒業生を全力でサポートしております。

スクールが発行している資格

クリアライト・ヒプノセラピースクールでは、
プロのヒプノセラピストとして開業を視野に入れている受講生と、
トレーナーとしてスクール開業を目指している方のために、
現在、5つの資格を発行しております。

  1. ABH:米国催眠療法協会、ヒプノセラピスト資格(基礎レベル)
  2. ABH:米国催眠療法協会、マスター・ヒプノティスト資格(上級レベル)
  3. NGH:米国催眠士協会、ヒプノセラピスト資格(上級レベル)
  4. ABH:米国催眠療法協会、トレーナー資格(トレーナー・レベル)
  5. NGH:米国催眠士協会、トレーナー資格(トレーナー・レベル)

ABH(米国催眠療法協会)の資格について

ABH、米国催眠療法協会は、1982年、California Council of Hypnotherapyとして、
クラズナー博士によって設立された団体です。

設立当時は地元のセラピストたちが集まって作られた組織でしたが、
全米に会員数が広まるにつれて、ABH、米国催眠療法協会と名前を改称、
現在は全世界の1,000以上の催眠教育機関がメンバーとなっている国際的な団体へと発展しており、
米国ではNGH:米国催眠士協会と並ぶ規模を誇る団体として知られています。

クリアライト・ヒプノセラピースクールでは、
ABH認定のヒプノセラピストの育成のために、
認定ヒプノセラピスト資格(初級レベル:45時間)と、
認定マスター・ヒプノセラピスト資格(上級レベル:90時間)の資格、
そして
、この団体のトレーナーを目指す方のために、
トレーナー資格まで、ABHのすべての資格をご発行することができるスクールです。
ABH、米国催眠療法協会の資格システムは以下の3つになります。

1. ABH:米国催眠療法協会、ヒプノセラピスト資格(基礎を学んだレベル:45時間)

2. ABH:米国催眠療法協会、マスター・ヒプノティスト資格(プロとして開業できるレベル:90時間)

3. ABH:米国催眠士協会、トレーナー資格(トレーナーとしてスクールを開講できるレベル)

NGH(米国催眠士協会)の資格について

NGH、米国催眠士協会は、本部をアメリカのニューハンプシャ州においた、
1951年にアメリカで設立された最も古い歴史と伝統、そして、最大規模の会員数を誇る、非営利団体です。

プロの育成のためにNGHが資格を与えるために課したトレーニング時間は、100時間。

クリアライト・ヒプノセラピースクールでは、
10日間のトレーニングと自宅課題で、この100時間のプログラムをご提供しており、
最終テストに合格することで、この団体の資格を発行しております。

またこの協会のトレーナーの育成も行っています。

NGH、米国催眠療士協会の資格システムは以下の2つになります。

1. NGH:米国催眠士会、ヒプノセラピスト資格(プロとして開業できるレベル:100時間)

2. NGH:米国催眠士協会、トレーナー資格(トレーナーとしてスクールを開講できるレベル)

ヒプノセラピーの資格についてのQ&A

ヒプノセラピストの資格には、どのようなものがありますか?

日本のヒプノセラピストの多くが、NGH:米国催眠士協会や、ABH:米国催眠協会など、ヒプノセラピーの本場、アメリカの民間資格を取得して開業しております。
プロのヒプノセラピストとして活動をするにあたり、ヒプノセラピーはそれ自体が安全なものなので資格がなければ活動できないということはありません。
しかし、セラピストがどれだけのトレーニングを積んでいるのかの目安とするために、アメリカの場合を例にあげると、ヒプノセラピストたちが協会を結成することで、資格を認定するシステムになっています。
その代表的な団体が、NGH(米国催眠士協会)であり、ABH(米国催眠療法協会)です。
NGH、ABHは共に、米国内で古い歴史と多くの会員数を誇る団体であり、その他にも、IHF(国際催眠連盟)、ITTO(国際セラピートレーニング協会)などがあります。

ヒプノセラピーは、精神科医や心理学の専門家が扱わなければ危険だという話しを聞いたことがあるのですが?

精神科医や心理学の専門家は一般的に専門分野に関する知識が豊富でありますので、ヒプノセラピーを一つの施療ツールとして有効に活用することを期待することができますが、専門知識が豊富であることとヒプノセラピーが上手だという事にはまったく関連性はありません。(もちろんあれば更に良いのでしょうが。)

例えば、20世紀最高のヒプノセラピストの中の1人として知られているデーブ・エルマンは、専門知識や学位を持っていませんでしたが、全米の医師や心理学の専門家たちにヒプノセラピーを教えていたプロのヒプノセラピストです。
ヒプノセラピーは潜在意識という五感をフルに活用しなければならないセラピーでありますので、アカデミックな勉強が即、技量につながることはありません。
最も大切なのは、催眠に関するしっかりしたトレーニングを受け、経験と感性を磨きながら、謙虚に学んでいく姿勢です。
精神科医や心理の専門家であることと、人の心を癒す能力には、残念ながら何の関連性も見当たりません。

お問い合わせ 事前説明を受けてみる