世界基準のヒプノセラピー資格講座、クリアライト・ヒプノセラピースクール

クリアライトのヒプノセラピー資格講座
NGH米国催眠士協会とABH米国催眠療法協会のマスタートレーナーが教える、ヒプノセラピー資格講座です。 NGH米国催眠士協会とABH米国催眠療法協会のマスタートレーナーが教える、ヒプノセラピー資格講座です。

クリアライト・ヒプノセラピースクール代表トレーナー今本忠彦の紹介

ヒプノセラピーマスタートレーナー、今本忠彦の紹介です。ヒプノセラピーマスタートレーナー、今本忠彦の紹介です。

ヒプノセラピーマスタートレーナー、今本忠彦の紹介です。
生年月日
1968年1月31日生まれ  血液型はO型
星座
みずがめ座
ヒプノセラピスト資格
NGH米国催眠士協会認定マスタートレーナー、ABH米国催眠療法協会認定マスタートレーナー、全米NLP協会認定マスタートレーナー。世界基準のヒプノセラピー入門(河出書房新社)の著者。
ヒプノセラピーマスタートレーナーの今本忠彦のトレーニング風景

認定資格一覧

■NGH米国催眠士協会マスターインストラクター資格

■ABH米国催眠療法協会マスタートレーナー資格

■全米NLP協会NLPマスタートレーナー資格

■タイムラインセラピー®協会マスタータイムラインセラピートレーナー資格

■全米NLPコーチング協会マスターコーチトレーナー資格

■ワイス・インスティチュート前世療法プロフェッショナルトレーニング修了

ヒプノセラピストになるまでの経緯

ヒプノセラピストになったきっかけを教えてください。

勤務していた会社の業績が思わしくなく、早期希望退職者として長年のサラリーマン生活にピリオド。
元々、人の話を聞いては慰めたりするのが好きだったので、そんな仕事はないかなと、、、
それで行き着いたのが、『ヒプノセラピスト』でした。

なぜ、ヒプノセラピストだったのですか?

臨床心理士とか、カウンセラーとか、いろいろ候補はあったのですが、
例えば、臨床心理士の場合、大学院に2年間も通い、その間、何も仕事はできず。

それからまた、資格試験を受けてと、かなりの時間と労力を必要とするのですが、
例え試験に合格したとしても、残念ながら、独立した仕事としてやっていけない、というのが現状です。

それで、『もう少し手軽なもので、仕事として成り立つものはないかな?』って考えた時に、
イギリスにいた頃に出会ったヒプノセラピストのことを思い出したのです。

イギリス留学時代

イギリス時代にヒプノセラピーに出会ったのですか?

はい、わたしがイギリスにいた、1994年の話ですが、そうです。

大学では経営学を学んだのですが、卒業後、経営大学院を目指して、イギリスのロンドンに留学していた時期があるんですね。
そして、当時、とても仲良くしていたの現地の友達から、『ヒプノセラピー受けにいかない?』
って誘われたのを思い出したんです。

そのヒプノセラピストには結構なお客さんがついているようで、とても流行っている感じだったんです。
その時に、『へー、こんな仕事があるんだ』ってことを知りました。

そういうことが、あったのですね。

はい、そのことを思い出したんですね。

それで、これからの日本も、このような仕事が流行ってくるのでは、と思い、インターネットで検索すると、
日本国内にも、ヒプノセラピーを教えているスクールがあったんですね。それで、そのスクールの門をたたきます。

そのスクールを卒業後、大阪にワンルームマンションを借りて、すぐにセッションを始めました。

プロのヒプノセラピストとしてのデビュー

デビューしてからの事を聞かせてください。

セッションできる部屋を借りて、ホームページを作って、デビューしたのですが、一生懸命学んだにもかかわらず、
対人援助というレベルでは、まったくセッションができていない。

「前世を体験できますよ」、みたいな”怪しい”セッションしかできない。
セッションが終わった後の、言い訳がましい事後面談。
「こんな胡散臭い仕事をしてて、やばくない???」ってな感じで、今でも憶えていますが、一度、夜にうなされたんですね。あまりにも情けなくなってきて。罪悪感って言うんですか。

罪悪感ですか?

はい。そうです。罪悪感と将来に対する不安ですね。
結構なお金を投資して学んだ割には、何を学んだのか、、、、
落ち込むというか、何というか、、、、、

しかし、家族を養っている私には落ち込んでいる暇もないので、「何とかしなきゃ」ってな感じで、いろいろ対策を考えることにしました。

本格的な学びへのシフト

やっていくうちにわかったことは、ヒプノセラピーは元々日本が本場ではなく、欧米が本場なんですね。
イギリスに住んでいたのに、そんなこともわからなかったの?って思われるかもしれませんが、
当時のわたしは、「どこでやっても、同じなんじゃないの、、、」
みたいな感じで、、、

しかし、ヒプノセラピーは、アメリカが本場なんです。

例えば、プロのヒプノセラピストにとって必要な、欧米では当たり前に読まれている専門書なんかは、
いまだに、ほとんど訳されていないのが日本の現状です。

それで、プロとして責任のあるセッションができるようになるために、また最初から学び直したのです。
そのために、アメリカで一流とされている先生方の門をたたきました。

そして、英語で書かれた専門書から読み始めました。大変だったのですが、ただ、無我夢中でした。
しっかりやり直そうと。

イギリス時代の英語力が生きた訳ですね?

いえいえ、そういわれると少し恥ずかしい、、、
確かにイギリス経験から、ある程度の英語力はあるのですが、
そうは言っても、イギリスに滞在していたのは、たったの3年間でしたので、やはり苦労しました。

サラリーマン時代は外資系の会社にいたので、英語は普段からよく使っていたのですが、
『また英語か、、、、』ってな感じで、いやな気持ちになりましたよ。
しかし、しっかりしたものを学ぶためには、ゆっくりでもいいので、
一つ一つを確実にやっていくしかないと、そう思いながらやりはじめたのを憶えています。

やり直しとレベルアップ

すぐに成果は出たのですか?

セッションは随分、良いものになっていきました。

特に、エリクソン催眠と、NLPと、コーチングから学べた、解決志向的なセラピー手法、
そして、デーブ・エルマン催眠から学べたテクニックは本当に役に立ちました。

また、タイムラインセラピー®を学ぶことで、これまでの年齢退行や前世療法の知識とテクニックに深みが出ましたし、結果が出るようになりました。

それからも、アメリカで活躍している良い先生がいるという噂を聞けば、インターネットを検索して、すぐに、それらのトレーニングを受けました。良い本や、ヒプノセラピー関係のDVDなども取り寄せて、いろいろ研究する毎日が続きました。

私自身、よいペースでクライアントさまを集客できていたので、学んだことを実践する場にも恵まれていました。

海外で受けた最初のトレーニングは、ABH、米国催眠療法協会の会長を務める、タッド・ジェームス博士のトレーニングが最初だったのですが、『なるほど、これが催眠なんだ!!!』ってな感じで、目の前が明るくなっていったのを今でも憶えていますよ。

前世療法のブライアン・ワイス博士、NGHの教育担当であった、故リチャード・ハード博士、年齢退行のプロフェッショナルであるカル・ベニアン博士と、故ジェラルド・カイン博士、そして、ドン・マティン、ラリー・エルマンといった、 向こうでは名の知れたヒプノセラピスト達ですが、たくさんのトレーニングに参加して、多くのことを学ばせていただきました。

普通のサラリーマンからヒプノセラピストへ。劇的な転職ですね

確かにそうとも言えるのですが、実は、潜在意識には20代のころから興味は持っていて、
潜在意識開発プログラムのようなものを学び、実践していましたし、あと、これも20代のロンドン時代からですが、
現在に至る、かれこれ20年以上に渡り、チベット密教をずっと実践してきているという経緯があります。

実は、クリアライト(CLEAR LIGHT=光明)というスクール名は、仏教用語から来ているのですが、、、

そして、驚くことに、ヒプノセラピーを含め、わたしが学んできたこれらのスキルの根底にある考え方と、
チベットの密教が解く仏教的な宇宙観は、とても相性が合うんですね。

それらの点と点が上手くつながったようで、今では、どんなクライアントが来ても、
もちろん、結果が出せない時もありますが、自信をもって対処できるようになりましたし、結果が出るようになりました。。”胡散臭いセッション”から、納得のいくセッションになっていったのです。

本物のプロフェッショナルを目指すために

その間、いろいろなことがあったのですね?

はい、本当にいろんなことがありましたが、おかげさまで、たくさんのことを学ばせていただきました。
そして、それらはきっと、必然だったのでしょう。

もちろん、今でも、更に進化するためにたくさんのことを学び続けています。

人の心っていうのは、とても深くて複雑なので、深めれば深めるほど、もっともっと学びたいと思います。

これからプロを目指している人たちへのアドバイスは?

ヒプノセラピーとは、人の潜在意識を扱っているという点で心理療法の根底に位置するものではないでしょうか。

なので、セラピストやコーチング、教育者、そして医療系など人の心に携わるお仕事に関わっている方、あるいは目指している方には、是非、ヒプノセラピーのしっかりした理論とスキルを学んでいただきたいと思っています。

クリアライトは、ヒプノセラピー先進国、アメリカ国内でも、トップレベルとされているトレーナー達が教えているレベルのものをダイレクトにお伝えすることができる、日本国内においては、本当に数少ないヒプノセラピーの専門スクールです。

ヒプノセラピーはこころの深い領域を扱います。

よって、しっかりした確かな知識とテクニック、そして、考え方を学んでいただき、クリアライトで学んで頂いたことが、あなた自身の人生に、そして、プロフェッショナルとしてのキャリアに生かされるお手伝いができれば幸いです。

クリアライトのトレーニングルームでお会いできる日を、たのしみにしております。

 

今本トレーナーとの個人セッションのご相談はこちらより。

認定証一覧

ABH米国催眠療法協会のマスタートレーナー認定証
米国催眠療法協会認定マスタートレーナー 会員番号:H25115T

今世紀を代表する催眠療法士、A・M・クラズナー博士(あなたにもできるヒプノセラピーの著者)によって1982年に設立されたアメリカを代表するヒプノセラピスト団体です。所在地はネバダ州。クリアライトヒプノセラピースクールの今本は、ABH:米国催眠療法協会の会長である、タッド・ジェームス博士からの特別選出を受け、トレーナーとして最高レベルの称号である、マスター・トレーナーとして認定されています。

NGH米国催眠療士協会のマスタートレーナー認定証
米国催眠士協会認定マスタートレーナー 会員番号:30093

NGH米国催眠士協会は1950年に設立された、プロのヒプノセラピスト団体としては最も長い歴史を誇る団体であり、 世界65カ国、約12,000名の会員が所属しております。所在地は 米国ニューハンプシャー州。クリアライト・ヒプノセラピースクールの今本は、同団体の教育担当理事リチャード・ハート博士から選出を受け、トレーナーとしては最高レベルの称号であるマスタートレーナーとして認定されています。

ワイスインスティチュートの前世療法プロフェッショナルトレーニング修了証
ワイス・インスティチュート・プロフェッショナルトレーニング修了認定証

前世療法の権威、ワイス・インスティチュートのブライアン・ワイス博士より2008年ニューヨークにて前世療法のプロフェッショナル・トレーニング過程を修了。前世療法のプロフェッショナル講座修了認定書の授与を受けています。

全米NLP協会マスタートレーナー認定証
全米NLP協会(ABNLP)認定マスタートレーナー

全米NLP協会のプラクティショナーレベルからマスタートレーナーレベルまでのすべてのトレーニングをNLPマスター、タッド・ジェームス博士の元で学び、日本には4名しか存在しない、NLPマスタートレーナーとしての認定を受けています。

タイムラインセラピー協会、マスタータイムラインセラピートレーナー認定証
タイムライン・セラピー®協会認定 マスター・タイムラインセラピー・トレーナー

NLP最強のスキルと言われている、タイムラインセラピー®協会のマスタープラクティショナーレベルを教えることができるトレーナーとして認定を受けています。

全米NLPコーチング協会トレーナー認定証
全米NLP協会マスター・コーチトレーナー

全米NLP協会コーチング・ディビジョンの公式カリキュラムをマスターレベルで教えることができる、マスター・コーチ・トレーナーとして認定を受けています。

  • タッド・ジェームス夫妻と今本忠彦

    ABNLP アドリアナ・ジェームス博士

  • タッド・ジェームス博士と今本忠彦

    ABH タッド・ジェームス博士

  • ブライアン・ワイス博士夫妻と今本忠彦

    ブライアン・ワイス博士夫妻

  • NGH米国催眠士協会会長のデイモン博士と今本忠彦

    NGH会長 デイモン博士

  • NGH米国催眠士協会リチャード・ハート博士と今本忠彦

    NGH前教育担当理事 
    リチャード・ハート博士

今本トレーナーとの個人セッションのご相談はこちらより。


お問い合わせ 事前説明を受けてみる