世界基準のヒプノセラピー資格講座、クリアライト・ヒプノセラピースクール

CLEAR LIGHT Hypnotherapy
NGH米国催眠士協会とABH米国催眠療法協会のマスタートレーナーが教える、ヒプノセラピー資格講座です。 NGH米国催眠士協会とABH米国催眠療法協会のマスタートレーナーが教える、ヒプノセラピー資格講座です。

クリアライト・ヒプノセラピースクール公式ブログ

インナーチャイルドとは?

2022年2月9日

インナーチャイルドとは、あなたの潜在意識の中にいる、子供時代のあなたの事を言います。

例えば、子供のころによく遊んだお気に入りの場所にいくと、「ワクワク」しませんか。

それは、大人になっているあなたではなく、あなたのこころの中にいる「子供=インナーチャイルド」がワクワクしているからです。

反対に、子供時代にとても嫌な思い出がある場所に行くと、「悲しみ」を感じるでしょう。

それは、あなたのこころの中にいる「子供=インナーチャイルド」が悲しみを感じているからです。

このように、インナーチャイルド(内なる子供)とは、あなたのこころの中にそのまま存在する、子供のころのあなたのことをいいます。

心の中の年輪の中に住んでいるインナーチャイルド

私たちの潜在意識には年層があります。これはまるで、木の年輪のようです。

一番外の層は、今の大人になっているあなたの層。そのすぐ下の層は、去年のあなたの層,

そのすぐ下の層は、一昨年のあなたの層。このように遡っていくと、

6歳の頃のあなたの層や、3歳の時のあなたの層があります。

木の年輪をそれぞれの層を調べると、当時の気候の様子などがわかるそうですが、

人の年齢の層も、その当時に体験した感情をそのまま保管しています。

もしあなたが3歳の時に失敗体験をして、悲しい思いをしたのなら、

そこに当時のネガティブな感情がそのまま保管されており、

これが大人のあなたにも良くない影響を及ぼしているのかもしれません。

このように、あなたの深層意識の中で傷ついているチャイルドのことを、

「傷ついたインナーチャイルド」と呼んでいます。

心の中の年輪の中に住んでいるインナーチャイルド

傷ついたインナーチャイルドのネガティブな感情

「傷ついたインナーチャイルド」が持つネガティブな感情は、大きく分けて5つです。

それは、「怒り」「悲しみ」「恐怖」「傷心」「罪悪感」です。

人に対して怒りっぽい人、また傷つくのではないかという悲しみの感情が大きくて、恋愛に踏み込めない人、

お金に対する罪悪感などは、「傷ついたインナーチャイルド」が持っている感情なのかもしれません。

インナーチャイルドが持つ悲しみ

 

傷ついたインナーチャイルドが持つネガティブなビリーフ

傷ついたインナーチャイルドが持つネガティブな感情から、ネガティブなビリーフが作られます。

例えば、あなたが幼い頃に、大切な人と離別して、とても悲しい思いをしたとしましょう。

この悲しみから、「私は大好きな人と一緒になることができない。」というビリーフが生まることがあります。

あるいは、あなたが幼い頃に、「お金を稼ぐのは悪いこと。」というビリーフを持つに至る「罪悪感」を経験したのかもしれません。

これらのビリーフが大人になっても作動して、人の行動に制限をかけることがあります。

 

インナーチャイルドが行動に規制をかける

 

なぜインナーチャイルドを癒すのか?

「子供は自分を無条件に受け入れてくれる親が必要であり、自分が必要とされていることを確信することで、自分を信じ、他人を信頼することができるようになる。」というのは、”インナーチャイルド、本当のあなたを取り戻す方法”を書いた、ジョン・ブラッドショーの言葉です。

「インナーチャイルド:本当のあなたを取り戻す方法(NHK出版)」

多くの子供が親の愛を得るために感情を抑制し、怒りやこころの傷をかかえたまま大人になるそうです。

そして、無視され傷ついた過去の内なる子供、つまり、インナーチャイルドは、わたしたちの精神的苦痛の根源になると、ブラッドショーは言っています。

傷ついたインナーチャイルドのデメリット

傷ついたインナーチャイルドをそのままにしておくと、成長が抑えられ、怒り、傷心を抱えた大人になると言われており、大人となっているあなたの行動を制限しています。

このことを、ブラッドショーは、「汚染(Contaminate)」と呼び、以下のように大きなデメリットになっていると言っています。

◆共依存(Co-Dependence)
共依存とは他人との関係に過剰に依存している状態のことを言います。よくあるのは、人を世話することへの依存などであり、相手から依存されることで自分の価値を見出すというものです。
◆犯罪行動(Offender Behaviour)
暴力性のある人格は傷ついたインナーチャイルドから来ているとブラッドショーは言っています。
◆自己愛的障害(Narcissistic Disorder)
自己愛が満たされていないインナーチャイルドは、人から愛されることや注目されることや同情されることに対するどん欲な欲求で自分を汚染しています。
◆信頼問題(Trust Issue)
インナーチャイルドが傷ついたままであると、疑い深くなるというもの。世の中は危険な場所で、敵だらけで、予測がつかず、自分を守らなければならないと思い込むようになります。なので、すべてをコントロールしようとします。
◆行動化(Acting Out)
傷ついたインナーチャイルドの凍結された情動が、悲哀を健康的に表現できないので、異常行動で表されるというもの。
◆魔術的な思い込み(Magical Beliefs)
「よい大学に入ればすべてがバラ色」「お金があればすべては幸せ」「恋人に捨てられたら生きていけない」など、このような思い込みは魔術的なものです。これらは自分の行動ではなく、ある出来事や他人が現実を変えてくれるのだと思い込むことになります。
◆親交の機能障害(Intimacy Dysfunctions)
見捨てられる恐怖と、呑み込まれる恐怖、この二つの両極端を行ったり来たりします。他人に征服されることを恐れて孤立したり、一人ぼっちになることを恐れて破壊的な結びつきから逃げ出しません。この二つの両極端を行ったり来たりします。
◆しつけられていない行動(Nondisciplined Behaviour)
しつけられていないインナーチャイルドは反抗的でわがままで衝動的に行動しますし、反対に過度にしつけられた子供は強迫的で過度に抑制的で恥と罪の意識でいっぱいです。インナーチャイルドが傷ついていれば、しつけられていない行動と過度にしつけられた行動の両極端の間を揺れ動きます。
◆中毒、強迫行動(Addictive/Compulsive Behaviours)
アルコールなどの依存症。
◆思考歪曲(Thought Distortions)
将来を必要以上に恐れるなど、傷ついたインナーチャイルドは歪曲化した思考を持ちがちになる、というもの。
◆空虚(Emptiness)
傷ついたインナーチャイルドは空虚感という軽い抑うつ感で、生活を汚染するというもの。

傷ついたインナーチャイルドを再生するメリット

私たちは自分の力でこのチャイルドを再生し、本来の自然の子供を取り戻すことができます。

そして、傷ついたインナーチャイルドを癒す事で、以下のメリットを享受することができるようになります。

ありのままの自分を認めることができるようになる。

そして、傷ついたインナーチャイルドを癒す事で、以下のメリットを享受することができるようにインナーチャイルドは「こうすべきである」といったような、さまざまな歪んだ考え方から解放され、ありのままの自分を認めることができるようになります。

否定的な感情を解放することができる。

傷ついたインナーチャイルドは、さまざまな否定的な感情が抑圧された状態で生きてきました。代表的な否定的感情は、「怒り、悲しみ、恐怖感、傷心、罪悪感」です。インナーチャイルドとアクセスしてインナーチャイルドと対話をすることで、これらの否定的な感情から解放されます。そして、人生がより生きやすくなります。

自分の制限から解放される。

インナーチャイルドは自分自身をとても制限しています。この制限によって、「わたしは~できない」と思い込んでいるのです。
例えば、「わたしはビジネスに成功しない」「わたしは人に愛されない」「わたしは幸せになれない」といった制限です。

インナーチャイルに会い対話をすることで、これらの制限が解放することができます。

家系的に引き継がれてきた否定的な行動パターンを止めることができる。

インナーチャイルドが傷ついている場合、自分が幼少期に親からされたことを、同じように自分の子供に対しても繰り返し行うことがあります。しかし、インナーチャイルドを癒し抱きしめることで、このような負の連鎖を断ち切ることができます。

自分自身でインナーチャイルドを癒すテクニック

この方法を使用する場合、あなたが生まれたときである、「乳児期」、そして、保育園や幼稚園に通っていた「学童前期」、小学校に通っていた「学童期」に別け、それぞれの時期に対して別々に以下のステップを行ってください。

ステップ1:
幼少期のあなた自身を思い浮かべてください。写真などがあればそれを眺めるのも良いでしょう。そして、その時期に起こったこと、済んでいた家、通っていた保育園、幼稚園、学校などを思い浮かべてください。

ステップ2:
目を閉じてください。そして、その子が家を出て、どこかに行くところをイメージします。家を出て一人で遊んでいるようなシーンが良いでしょう。そして、あなた自身もイメージの中に入ってください。そして、その子供に「こんにちは」と話しかけましょう。その子供はどんな表情であなたのことを見ていますか?

ステップ3:
その子に、あなたは未来から来たことを伝えてください。そして、子供に、あなたは子供にとって、最も信頼できる人であることを伝えてください。

ステップ4:
子供に対して、「あなたはわたしによって守られている」ことを伝えてください。そして、必要なときはいつでも一緒にいれることを伝えてください。寂しい時、困った時には、いつでもすぐにその子供のそばに行って会いにくることができて、どんな相談にも乗ることができるので、安心できることを約束してください。そして、子供をしっかり抱きしめて、ありったけの愛情を注いてください。

ステップ5:
今度は、あなたの意識を子供の中に入れて、子供の立場で抱きしめられている感覚を感じてください。そして、愛情をたっぷり受け取ってください。たっぷり愛情を受け取ることができ、守られている感覚をしっかり感じ取りながらイメージから出てきましょう。

ステップ1:
大人のあなたから、子供のあなたに手紙を書いてください。あなたから当時の子供に伝えたいことを書きます。長く書く必要はありませんので、伝えたいことを簡潔に書いてください。特に、いつも一緒にいたいし、気にかけているし、愛していることをつたてください。子供に手紙を書くときは、必ず利き手で書いてください。ステップ2:
子供の両親にも手紙を書いてください。その子供をどのように扱ってほしいのか、手紙を書きます。ステップ3:
ステップ1で書いた手紙を子供になりきって読んでください。そして、愛されていて守られている感情を感じながら、利き手でない手で返答の手紙を書いてください。

ヒプノセラピーでインナーチャイルドを癒すテクニック

ヒプノセラピーを使ってインナーチャイルドを癒すメリットは、通常の意識ではわからない問題の根源となっている過去の出来事にピンポイントで退行し、傷ついているインナーチャイルドを癒すことができることです。

上記において説明した、催眠を使わない従来の方法だと、過去を「乳児期」、「学童前期」、「学童期」に別け、あらかじめ戻るシーンをランダムに決めてから退行がはじまります。

しかしこの場合、戻るシーンと現在の問題、特に、今現在の自分を悩ませている、怒り、悲しみ、恐怖、傷心、罪悪感、といったネガティブな感情との関連性を探るために退行しているわけはありません。

どちらかと言えば適当に戻るターゲットを設定し、過去に戻り、インナーチャイルドを抱きしめるというワークになります。

しかし催眠のテクニックである、「感情の橋」を使うと、現在の問題と、その問題の原因となっている過去のシーンにピンポイントで正確に退行し、傷ついたインナーチャイルドを癒すことができます。

よって、現在抱えている心的な問題を比較的早く解決するための効果的なセラピーを提供することができます。

例えばあなたがなぜか男性に対して不信感がある。そして、顕在意識レベルではその原因がわからない。

このような場合、催眠を使わない一般的なインナーチャイルドセラピーであれば、どの過去を指定して戻ればいいのかわかりません。

しかし催眠を使ったインナーチャイルドの癒しの場合は、クライアントを催眠にいれてから、「その不信感の原因となっている幼いころに戻れ」と命令するだけで、現在の問題と関連性のある過去のシーンにピンポイントで戻ることができます。

この場合、どのシーンが直接原因になっているのか意識のレベルであらかじめわからなくても、

潜在意識がわかって正確に原因となっている記憶に連れて行ってくれます

そしてそのシーンの中にいる傷ついたインナーチャイルドを癒す事ができるので、より効果的なセラピーを提供することができます。

ヒプノセラピーを使ってインナーチャイルを癒す方法は、たくさんあるのですが、その中の3つのテクニックを紹介しましょう。

これはもっともシンプルな方法であり、催眠を使わないインナーチャイルドの癒しテクニックとまったく同じものです。深い催眠下で体験している過去のイメージに、大人となっているクライアントが入ってゆきインナーチャイルドと対面してから抱きしめます。そして知覚位置の変更テクニックを使って、意識を大人、子供、大人と行き来させ、お互いに会話をさせることでインナーチャイルドを癒します。

感情の橋のテクニックを使い、現在の問題の原因となっている過去に戻った後、そこで起こった出来事を確認した後に、その原因となったシーンからさらに10分前まで退行させます。

10分までにはまだその出来事が起こっていませんので、当然、インナーチャイルドもまだ傷ついていません。そこで、大人のあなたがイメージの中に入ってゆき、チャイルドに”今から何が起こるのか、そして、どう対処すればいいのか”を教えます。これは、出来事を再度作り変えるのではなく、起こったことは起こったことで仕方がないので、あらかじめ起こることを教えておきます。さらに、そのシーンをあなたが後ろについていて守られている状態で体験するように促します。

すると、トラウマになっているその出来事自体は変わりませんが、そこにあった抑圧された感情が解放され、出来事を肯定的な視点で眺めることができるようになります。そして、その体験から肯定的な学びを得て、これから先の人生が前向きになるような暗示を与えます。

このテクニックは、催眠下において退行して傷ついたインナーチャイルドを探した後に、イメージの中でインナーチャイルドを小さくして自分の手のひらの上に置きます。そしてインナーチャイルドに慰めの言葉をかけたり抱きしめたるして癒した後に、あなたの胸の中の愛情に満ち溢れたところにインナーチャイルドを戻します。

そして、「これからはずっと守られている」という暗示を与えます。

その後で、知覚ポジションの変更を行いあなたの胸の中で守られているインナーチルドに戻り、その感覚をしっかり体験させることで傷を癒すというものです。

傷ついたインナーチャイルドを癒すことで起こる変化

インナーチャイルドを癒してストレスから解放される

あなたが何かをする時に、ストレスを感じる、怖い、不安を感じる、ということがあれば、

それは、あなたのインナーチャイルドが傷ついているからなのかもしれません。

そこで、傷ついたインナーチャイルドが持つネガティブな感情を解放して、

ネガティブなービリーフを解放することで、

あなたが普段感じているストレスや行動が変わるかもしれません。

行動が積極的になる。

積極的な行動

例えば、あなたがこれから一生懸命に仕事をして、しっかりした報酬を得ようとしているのに、

お金に対する罪悪感のために、思うような行動が取れなかった場合は、

インナーチャイルドを癒すことで、思うような行動が取れるようになるかもしれません。

また、傷つくのが怖くで、恋愛に対して消極的であった場合は、

インナーチャイルドを癒すことで、積極的になれるかもしれません。

心の状態が安定する

平和な心

インナーチャイルドの中にある、ネガティブや感情やビリーフを解放することで、

次第にインナーチャイルドは落ち着きを取り戻し

あなたの心の状態が安定していくでしょう。

身体が健康になる

健康な身体

インナーチャイルドが持つネガティブな感情を解放することで、

身体が健康になるでしょう。

これは私の例ですが、インナーチャイルドが持つ悲しみが解放されることで、

精神の状態が安定し、身体の末端の温度調整が安定してきました。

自分の子供に対しての愛情が増す

子供に対する愛情

インナーチャイルドを癒すことでおこる大きな変化として、

特に、お子様をお持ちの方は、お子様に対しての愛情がさらに大きくなるのを体感することができます。

これは私の経験ですが、自分のインナーチャイルドを癒すことで、息子に対する態度が変わりました。

息子がまるで自分のインナーチャイルドに見えてきて、息子をより深く愛せるようになりました。

よって、例えば、虐待を繰り返す親の場合、自らのインナーチャイルドが癒すことをお勧めしています。

インナーチャイルドから、ワンダーチャイルドへ

ワンダーチャイルド

傷ついたインナーチャイルドが癒されると、純粋で無垢で天真爛漫な、ワンダーチャイルドが現れます。

ワンダーチャイルドが現れることで、よりあなたらしく行動ができるようになるでしょう。

インナーチャイルドを癒して再生させ、ワンダーチルドを育てるには、

ヒプノセラピーのインナーチャイルドワークがとても効果的です。

あなたもインナーチャイルドを癒し、ワンダーチャイルドを活性化することで、

たくさんの変化を体感することができるでしょう。
 

お問い合わせ 事前説明を受けてみる